就職活動のイメージ

求人を探すとき、どのような判断をしていますか?資本金や従業員数、会社の知名度、または職種などを基準にしている方が、ほとんどではないでしょうか。本サイトでは、求人を見る際に注意する点を挙げていきます。

求人から見える企業の実態

就職難の今の時代は簡単に仕事が見つかるわけではありませんから、仕事を選んでばかりもいることができず多少不満があっても仕事を見つけることができればそれで御の字という状況になっています。
しかし、だからといってあまりにも仕事を選ばないというのも問題があり、劣悪な労働環境の企業に就職をしてしまえば長く働くことが難しく、すぐに辞めることになってしまって再度職探しをしなければならないということもありますから、ある程度求人を選ぶことも大切です。

実際にその企業のことというのは働き始めてみなければわからない部分もありますが、求人からその実態が見えるということもあるので応募をするときにはよくチェックをして見ると良いでしょう。
信用出来ない企業の求人としては大きく分けると二通りあり、やたらと待遇の良い求人かあるいは平均と比べても極端に待遇が悪い募集のふたつがあります。

前者は高待遇で求職者を釣っておいて応募をさせて、劣悪な条件で雇用契約を結ぶという手を使うタイプであるため、他と比較をしてもやたらと待遇の良い求人は少し疑ってかかってみると良いでしょう。
後者の場合にはある意味最初から条件をはっきり提示していて、待遇が悪いということがわかるので避けることは可能となっているので、それほど問題となることはありません。

それ以外に企業の実態がうかがえるものとしては、求人の内容が薄く詳細に関しては直接問い合わせをしたり面接をした時に教えてもらうことができるというものがあります。
これは詳細に募集内容を記載してしまうと、求職者が募らないということが考えられるためわざと情報を制限している可能性が高いので、信頼出来ない企業である可能性が高いといえます。