就職活動のイメージ

求人を探すとき、どのような判断をしていますか?資本金や従業員数、会社の知名度、または職種などを基準にしている方が、ほとんどではないでしょうか。本サイトでは、求人を見る際に注意する点を挙げていきます。

就職氷河期を経験した人向けの中途社員の求人

バブル期を過ぎた直後に就職氷河期で正社員になれなかった人が中途社員に応募する場合、年齢や経験などの採用の条件に注意しながら求人に応募する事を心掛けます。現在は景気も良くなって、転職市場の門戸は広まっていますが、企業は募集の状況や景気に関係なく条件の合う人だけを優先に採用する傾向です。中途社員としては企業の希望として年が出来るだけ若くて、仕事に関する実績のある応募者を求めている事が現状です。一方で、ベンチャー企業では募集の条件として年齢などに多少の厳しい条件を付けたとしても、実績などの即戦力の部分に関して不問として募集をしている傾向です。近年は実績よりも企業を大きくしていくというやる気の部分を重視している事が多くて、年齢や仕事の功績に関わりなく誰にもベンチャー企業に入れる機会が増えています。就職氷河期を経験している人の場合、基本的に40代を超える人が多いが、ベンチャー企業の求人は誰にも負けない仕事の姿勢と取り組み方が重視されます。近年は求人倍率が増加していて、年齢を問わずに中途採用としてアルバイトから正社員になれる機会も多いです。近年は就職氷河期を体験したフリーターのまま中年を迎えて、中途として採用されない事例が多くなっていますが、アルバイトで働きながら介護の資格を取得するなどの勉強をしたり、働く場所の中でビジネスの勉強を行うなどの努力を徹底する事が大切です。求人に応募する時に、中途社員として働きたい場合はどの分野が得意なのかをしっかりと把握しておきます。これまで行ってきたアルバイトでも責任のある仕事の一環として捉えて、就職氷河期で就職できなかったハンデを覆る戦力をアピールする事が大切です。