求人の動向を調べる

就職活動のイメージ

求人を探すとき、どのような判断をしていますか?資本金や従業員数、会社の知名度、または職種などを基準にしている方が、ほとんどではないでしょうか。本サイトでは、求人を見る際に注意する点を挙げていきます。

失敗しない求人欄の見方

現在では、求人情報はインターネットを始め、求人情報誌などでも集める事が可能であり、より多くの就職口を効率的に探す事が可能であると言えます。

その一方で、求人欄をどういった点に注意して見ていくべきであるかといった問題が出てきます。
ここでは、そんな注意すべき点について解説していきます。

まず、誰もが職種から希望する仕事先を探していく事が一般的です。営業、技術、専門、事務、販売、サービスなどといった具合です。

しかし、例えば一口に営業職と言っても、その内容は様々であると言えます。
同じフィールドに分類されていると言っても、ノルマがある仕事なのか、新規開拓かルートセールスか、そして法人相手の営業か個人相手の営業か、などによってもその仕事内容は大きく変わってくると言えます。

次に気になるのは給与の面であると言えます。
基本的に月給いくらと提示しているものについては、固定給のみについての金額である事が多く、実際に働いた場合に支払われる歩合や賞与、ボーナスといった事についてまでは記載されていない事が多いです。

また仮に賞与などの記載があったとしても、それは前年度のあなたとは別の実績を持つ職員に対して支払われた金額に過ぎません。その為、その金額は絶対ではなく、あくまで参考程度であるという事にも気をつける必要があります。

また、扶養手当を始め、通勤手当、資格手当といったものについても、どの程度保障されているのかといった事も可能な限り見ていく必要があると言えます。

次に雇用条件です。
最近では、中小企業などでは正社員の募集と同時に、契約社員を経てからの正社員登録を募集しているものも多く、それが自分の働き方として合っているのかどうかといった事にも注意して見ていく必要があると言えます。

◇技術系のお仕事求人はもう確認しましたか?
札幌のプログラマー求人